tipToe.楽曲解説Vol.9 – ビギナー

<概要>
・タイトル
ビギナー

・ヨミ
ビギナー

・楽曲番号
06

・作詞
TOKOTOKO(西沢さんP)

・作曲
TOKOTOKO(西沢さんP)

・編曲
TOKOTOKO(西沢さんP)

・振付
しゃばだばSTEP

・制作時期
1年生1学期編「firstLetter.」

<コンセプト>
下北的なエモいパワーポップ。
当時、特別じゃない私の物語、夢日和、ひとりごとの3曲が持ち曲で比較的可愛くてポップな構成だったので、1曲ロックっぽいのを作りたくて作りました。とはいえ、当時のノリではゴリゴリに作ると浮いてしまうので当時のテイストに合いつつフックになる曲という位置付けで作っていきました。

裏で楽曲番号04″僕たちは息をする”と楽曲番号05″ハッピーフレーバー”も作ってはいましたが、”僕たちは息をする”は当時にしてはゴリゴリな暴れ馬すぎて封印していたり、”ハッピーフレーバー”は若干制作が遅れていたりで楽曲番号06の”ビギナー”が先に出ることになりました。ちなみに楽曲番号っていうのは「作るぞー!」と決めて作家さんが決まった時点で楽曲につける管理用の番号です。

<楽曲>
2003年ぐらいのギターポップ意識です。本間が下北沢のライブハウスにただの一音楽ファンとして入り浸ってたのが2003年あたりからの5年間ぐらいなのですが、その頃ギターロックブームでその中でもアメリカのWEEZERみたいなパワーポップの血を継ぎつつ、日本的に解釈されたであろうセンチメンタルで優しいロックテイストもあるギターポップが流行ってました。
メロディが優しくてあんまりギターが歪んでない感じです。ビギナーの後に生み出されるtipToe.のハートビートも下北沢ギターロックサウンドの定番なのですが、なんとなくビギナーの方が僅かに古いトレンドのイメージです。この絶妙なニュアンスがこの記事の読者に伝わる自信はないです。

<歌詞>
TOKOTOKOさんにtipToe.のことを説明して書いてもらいました。最初期である1年生1学期編っぽくて好きです。多分2年生編だったらもう少し強い歌詞になると思います。一般的なアイドルは”私たちサイコーだから大丈夫”みたいな順風満帆な歌詞になりがちですが、僕は少なくともtipToe.ではそれをやりたくなくて、常に”うまくいかないことばかりだけどそれでも頑張る”という姿勢でいてほしいと思ってます。この曲もそういう感じになっていて、実は何回かTOKOTOKOさんに歌詞もそっち方面になるよう相談して直してもらったりしてます。みなさんはどうかわかりませんが僕は順風満帆な歌詞にあんまり共感しないんですよね…。といいつつも夢日和は比較的順風満帆な歌詞なんですがそれには理由があって…まぁそれは夢日和の時にでもお話します。

<雑記>
ビギナーは2年生1学期編現在ライブよりも先に音源収録という形でお披露目された唯一の曲。

なんとなくビギナー好きって言ってるメンバー多い気がする。

有名なボカロPでもある西沢さんPことTOKOTOKOさんに書いて頂いた楽曲で、そのきっかけは自主練でつみがTOKOTOKOさんの曲を流していたことでした。それがとても良い曲で本間が気に入ってTOKOTOKOさんに依頼しました。書いて頂けることをメンバーに伝えた時、つみと成瀬は抱き合って喜んでました。懐かしい。

大サビの「等身大の私の歌を聞いて」でメンバーが全員前に出てくるところがエモまってて僕はとても好きです。あの部分の動きをみるとメンバーの成長を非常に感じる。

コメントを残す