JASRACに著作権料を払ってみた

音楽ビジネスと切っても切れない関係にあるのが著作権。音楽業界は権利ビジネスだとよく言われます。

著作権と一言で言ってもいろんな種類の権利があって、複製権、公衆送信権、演奏権から著作隣接権まで含めると原盤権、貸与権、伝達権、送信可能化権など、かなりの数があります。

とりあえず、「著作権」と「原盤権」という言葉を良く音楽業界では使います。それぞれすごくざっくり言うと、

  • 著作権:作詞作曲した人に与えられるその曲を好きに使って良い権利。
  • 原盤権:その曲を録音する費用を出した人に主に与えられる録音した音源を好きに使って良い権利。(要はCDにして売ったりしていい)

という権利です。

 

メジャーだと、

  • 著作権:バンドが楽曲の権利を管理する音楽出版社に預けて、音楽出版社がJASRACに管理を任せる。
  • 原盤権:レコーディングや宣伝費を出し、儲かったらバンドにも渡す代わりにレコード会社が持ってる。

みたいな感じで管理されています。

 

たまに、バンドの意思に反してベストアルバムがリリースされて問題になったりしますよね。あれはレコード会社が原盤権を行使してバンドの同意なく勝手に出しているからバンドが怒っているんです。でも、原盤権はそういうことができる権利であって、契約上それで同意しているので法律的にはバンドが文句を言える立場ではなかったりします。気持ちの問題ですよね。

 

なんとなくディスられがちなJASRACさんですが、そもそもJASRACの役目をご存じでしょうか?

JASRACは著作権の管理を権利者から任されて管理している団体です。

例えば、以前UNCHAINというバンドが宇多田ヒカルや椎名林檎などの曲をカバーしたアルバムを出しました。まさか勝手に出す訳にはいかないので宇多田ヒカルや椎名林檎への許可を取らないといけないのですが、宇多田ヒカルや椎名林檎の楽曲は管理をJASRACに任せているので直接本人たちに確認せずともJASRACに連絡をして著作権使用料を支払えばOKになります。UNCHAINが払った著作権使用料はJASRACから手数料を差し引かれた形で宇多田ヒカルや椎名林檎に振り込まれてきます。権利に関わる面倒な作業をやる代わりに手数料をもらってるんですね。

曲を使いたい側からしても著作権は誰かにあげることができるので意外と誰が権利をもっているかわからなかったりします。なので、JASRACみたいな窓口があると助かるんです。

このサイトからJASRACが管理している曲を検索することができます。自分が好きなバンドを検索してみると面白いですよ。

http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

 

ここまで書いておいて、インディーズではJASRACに委託しないことも多々あったりします。それは、まだ自分達で著作権を管理できる規模でしか売れていないからだったり、権利を気にせずに店内BGMやYoutubeなんかで紹介してもらったりする方が著作権使用料をもらうよりも結果的にありがたかったりすることがあるからです。

JASRACに権利を預けていると、JASRACが自分達が預かっている曲が勝手に使われていないかパトロールをしてくれます。例えば凄く宣伝になるような場所で勝手に自分の曲が使われていた場合、確かに著作権違反なんだけどもバンドとしては黙認したかったりするケースも正直あります。そんな時でもJASRACは「著作権使用料を支払え」「使用をやめろ」と警告します。これはなんとも微妙なんですよね。自分達としては放っておいてほしいケースでも取り締まられてしまうのですから。なかなかデリケートな話です。

 

さて、8月6日に僕の運営しているレーベル6jomaProjectから増田壮太のベストアルバム「命のドアをノックする」をリリースさせて頂きました。このCDは「わたしたちに許された特別な時間の終わり」という、増田壮太主演映画の公開に合わせてリリースした作品です。このアルバムに収録した楽曲のうち、殆どは増田壮太自身が著作権を持っていたので本人(のご両親)から許可をとれば済んだのですが、「ロッキン’」と「ボクが修学旅行に行けなかった理由」の2曲はYAMAHAさんに譲渡されていたため、そうはいきませんでした。

この2曲は増田壮太が過去にYAMAHA TEENS’ MUSIC FESTIVAL(今でいう、閃光ライオット)で優勝した記念にヤマハからリリースしたCDに入っていたものでした。この2曲の著作権はメジャーの通例どおり、作詞作曲者である増田壮太からヤマハの音楽出版社を経てJASRACへ管理委託されていました。そこで実は僕は初めてJASRACに連絡をし手続きをしたのですが、これが凄く簡単で驚きました。電話一本と書類を1枚だけです。担当者さんもとても丁寧で、変な話ですがある意味凄く音楽業界っぽくないお役所みたいな対応でした。CD発売後「○月○日までに料金を払って下さいね」とコンビニ振込の払い込み用紙が届いて、まるで公共料金を払うような感覚で支払いも済みました。

 

確かに便利でした。初めてJASRACさんとやり取りさせて頂いて、こういう団体は必要だなと感じましたし、JASRACに著作権を預けるべきなのか、レコード会社、レーベルに原盤権を預けるべきなのか、バンドは頭を使って1つ1つ考えながらやっていかないといけないなと思いました。

 

ちょっと硬い話でしたかね。

 

 

コメントを残す