tipToe.楽曲解説Vol.5 – ひとりごと

<概要>
・タイトル
ひとりごと

・ヨミ
ヒトリゴト

・楽曲番号
03

・作詞
瀬名航

・作曲
瀬名航

・編曲
瀬名航

・振付
しゃばだばSTEP

・制作時期
1年生1学期編「firstLetter.」

<コンセプト>
友達との素朴で可愛らしい日常を描いた作品。部室(tipToe.専用練習場の愛称)でメンバーが一緒にお菓子食べてるところから着想。

1作目・特別じゃない私の物語と2作目・夢日和がどちらも5分超え(特別〜に至っては6分超え)で、結成したばかりでまだ持ち時間10分〜15分程度しかもらえなかった当時は持ち時間10分だと1曲しかできず、1曲+MCでやらざるを得ずかなり困っていた。元々本間がいたバンド界隈ではそこまで尺は重要じゃなく、駆け出しアイドルにおける尺問題は大きな落とし穴だった。そこで次は3分〜3分半で作ることに。

<楽曲>
いわゆる渋谷系と言われるジャンル(?)の楽曲。渋谷系とは90年代に東京近辺で流行ったオシャレで力まない感じの音楽の総称。

ハッピーフレーバーの時に書いた通り、寧々のゆるいラップを入れるべく作っていたミドルテンポの楽曲に楽曲番号「03」を与えて制作していたがしっくりこなくてボツにした後生まれたのがこの曲。ボツにした時に「03」という番号をこの曲が引き継いだ。

コンセプト通り3分半というコンパクトな作りになっているのでセットリストに組み込みやすい。

初収録の「firstLetter.」と再録の「magic hour」ではオケから完全作り直しが行われていて、「firstLetter.」で打ち込みだったベースとドラムが「magic hour」では生になっている。

<歌詞>
コミュ力が高くない内気な女の子が友達と過ごす話。tipの曲の主人公は基本的に内気なので友達とちゃんと”友達”になれるまで少し時間がかかるような気がするし、友達になれたらその存在や一緒に過ごす時間が尊いんじゃないかなと思う。

この曲の歌詞はテーマを共有した上で瀬名君と本間でそれぞれ勝手に書いて、一方を採用する方向になったのだけどそれもしっくりこなくて最終的に瀬名案と本間案のいいとこどりをした歌詞を瀬名君がまとめるという形で完成した。

<雑記>
2Aの振り付けで三原さんを先頭に6人が前の人の肩に手を乗せて一列に並ぶのがあるのだが、あの振り付けはいつの間にか三原トレインと言われるようになった。

瀬名君はこの曲を自信作の一つとして挙げることが多い。

コメントを残す