tipToe.楽曲解説Vol.3 – 星降る夜、君とダンスを

<概要>

・タイトル

星降る夜、君とダンスを

・ヨミ

ホシフルヨル、キミトダンスヲ

・楽曲番号

14

・作詞

瀬名航・本間翔太

・作曲

瀬名航・本間翔太

・編曲

瀬名航

・振付

YUKO

・制作時期

2年生1学期編「thirdShoes.」

<コンセプト>

リリース作品単位で綿密に設計して作った夜にまつわる4つの物語「thirdShoes.」のうちの1作。

「thirdShoes.」全体のテーマは

・夜にまつわる物語であること

・前作「magic hour」より一歩踏み込んだ表現に挑むこと

である。

この曲は儚く美しい楽曲の多いthirdShoes.の中で唯一楽しくアイドルらしく作っていて、「楽しくて終わってほしくない夜」がキーワード。

tipToe.にセンターはいないものの曲によっては中心となるメンバーをなんとなく決めているものもあり、この曲は日野あみがそれに当たる。

<楽曲>

夜の遊園地のようにカラフルでキラキラと楽しい印象。エレクトロな四つ打ちダンスチューンにしていて、ベースは瀬名君の強いこだわりのもとtipToe.初のシンセベースを採用。ギター以外全て打ち込みで作られている。

瀬名君に1回リテイクして2回目に来たデモで今のサビメロがあってその時点で完全勝利を確信した。

イントロの長めのソロパートは最初から日野あみが歌う前提で作った。

こういう曲は普通に作ると割と単調になってしまうのだが、2Aメロの後ろの手拍子を敢えて複雑にしたり、2サビの前の「ワンツー」の後にもう一捻り入れたり、2サビ後の展開で変拍子を導入したり瀬名君と本間で何度も話し合って色々とネタを盛り込みまくっている。落ちサビの後ろでつみ・うみ・まなかが3人で3和音のハモりをやっていてそれも見所の一つ。大サビで転調するのだが、転調のタイミングはかなり議論した記憶がある。

本間はギターを入れたくなりがちであり、案の定今回も入れてもらっている。Bメロの裏で”チャカチャーン”みたいに鳴ってるギターはどうやって伝えたか覚えていないが自分の脳内で鳴っているギターの音をなんとなく伝えて入れてもらった。地味に気に入っている。

サビ前に「ワンツー」と囁き声でカウント入れるのをいつかやりたいねと結構前から瀬名君と話していて、ついにここで導入した。1サビと2サビで「ワンツー」のテンションが違う。デモ段階ではどちらも同じでレコーディングの時に実際に寧々に歌ってもらって違いがあった方がよかったので変更。

2サビ後のハイパーピコピコタイムはまさに瀬名航の真骨頂という感じで好き勝手やってもらった。

ちなみにこの曲は本間も作曲クレジットが入っている。一般的に”作曲”というのはメロディとコードを考えることで、今回は本間がある部分のメロディをこんな感じにしたいと歌ったものを参考に瀬名君に送ったらそのまま採用されたからである。

<歌詞>

blue moon.と違ってもっと現実的に「君」(複数人かな)と過ごす楽しい夜。友達が泊まりに来て一緒にくだらない話をしたり、ちょっといい話をしたりする時間はキラキラして宝物みたいで楽しいけれど、いつかそれも終わってしまうからそんな大切な時間とどう向き合うかという話。主人公はこの時間が楽しいと思いつつも必ずいつか終わってしまうことにも同時に気づいている。

本間が伝えたテーマに沿って瀬名君がまず全部書いてくれたのを本間が見ながら部分的に書き換えていたらいつのまにか半分ぐらい書き換えていてそれが全体的に見るといい感じで結局歌詞も共作になったという経緯がある。最後の細かい部分は二人で話して調整。

歌割はAメロをつみ・まなか・三原さん・寧々で分けつつ、Bメロをあみ・成瀬で分割が基本構造。1Bと2Bであみと成瀬の歌う順番が逆になっているのは1Bで成瀬に「だからもう迷わないよ私は」を2Bであみに「思いつき絡みも今日は許してよね」を歌って欲しかったから。

歌詞では「時間」が重要なキーワードになっていて、この曲が「thirdShoes.」の最後の曲なのにも意味がある。この歌詞ができてからオケの落ちサビ部分に時計の針が動く音を追加した。

タイトルの”星降る夜”が何を指しているのか気づいた人がいたら嬉しい。適当につけた訳ではない。

<雑記>

TOKYO IDOL FESTIVAL2018の初ステージの最後の曲として初披露した。TIFの大舞台の最後に新曲をもってくるのはなかなかチャレンジだと思ったが、この曲はなんだかいける気がした。そして当然楽曲制作はTIF出演が決まる前から行われていた訳で、あれだけシリアスな曲が多いthirdShoes.の中で唯一残っていた未発表曲がこれだったのはなにか不思議なものを感じていた。

YUKO先生による振り付け。2Aの自由時間がとても好きで、あの自由時間を持て余さず楽しく動けているのは素晴らしいことだと思う。

この曲は息継ぎやメロの高低差が激しい。その上ダンスも運動量が多いから大変なのに笑顔でパフォーマンスするメンバーには毎回グッとくる。

手前味噌ながら「君と笑って進め、戻れなくても」が一番好きなフレーズ。

コメントを残す