2017年 tipToe.のこと

今年は1年ずっとtipToe.のことばっかりやってました。

グループ自体は去年の6月頃から動いて12月にデビューしていたけれど、本格的に動き出したのは今年からでした。右も左もわからないままアイドルPを始めて、そこそこいろんなことやってきたのに笑っちゃうぐらい今までと違う悩みばっかりでした。

今まで知り合った僕の好きな人たちに声を掛けて物作りをするのがとても楽しいし、みんな面倒臭がらずに僕のこだわりを理解しようとしてくれて、無茶に付き合ってくれて本当に感謝してます。
お金が掛かるわりにぱっと見そこまで違いがわからないこだわりでも長谷川Pが「こだわらないと僕らがやってる意味がないからやるべき」って言ってくれたり、瀬名君や平田君や作家のみんなはどんなに細かい修正でも「納得いくまでやろう」って言って怒らずに何度でもやり直してくれたり、全部周りの人のおかげとしか思えないです。

メンバーもどんどん成長していって、歌もダンスも最初とは比べものにならないし、時々ゾクッとする場面もあるから飽きないです。まさか自分のところのアーティストのライブで泣くなんて思わなかった。アイドルをわからないまま始めてしまった僕だけれど、アイドルがどうして人をこんなに惹き付けるのかわかった気がしました。

ファンの方にも沢山支えられて、綺麗事抜きで皆さんがいなかったら今はないなって思ってます。
メンバーとファンの方と運営で場を作っていくこと。
お披露目してから沢山の人の想いが乗っかって更に曲が進化していくこと。
メンバーとファンの方が交流していくうちにメンバーが変わっていくこと。

re”four”cus界隈を始め、周りに格好良いアイドルグループさんが沢山いるのも自分にとって大きいです。僕は音楽オタクだから音楽のことが一番気になっちゃうので、よそのグループが格好良い曲やってると凄い悔しいです笑 世間一般にわかりにくい攻めた曲披露してるの聴くと「え?そこまでやっていいの?格好良いいい!!」ってなります笑 しかもアツい運営さんは本当にアツくて、正直みんながみんなそうではないけれど、tipToe.の周りには運良くアツい人が沢山います。ライバルにとても恵まれてます。みんなそれぞれ大きくなって、大きな会場で対バンしたいなって心から思ってます。そして盛大に打ち上げでビール飲みたい。

来年3月に今年あったいろんなことを詰め込んだフルアルバム「magic hour」をやっと出せます。実は手元にはまだデモだけれど全部音源が揃っていて、さっき曲順を決めたところです。まだお披露目してない曲も含めてどの曲も非常に濃いです。

「magic hour」って夕方の太陽が沈んだ直後の一瞬しかない時間のことなんですが、このアルバムはそんな美しく僅かな時間を切り取ったような作品です。メンバーの時間は目に見える形で有限だけれど、僕も皆さんも同じく限られてた時間の中に生きていて、僕らだっていつまでも同じことをやっていられないです。そんな中、みんなで駆け抜けて作ったアルバムだからやっぱり尊いです。楽しみにしていて下さい。こういうこと言うPはダサいかね、本当にこんなこと思ってしまった。

今年一年本当にありがとうございました。
また来年お会いしましょう。よいお年を。

本間

コメントを残す